Articles

日本政策金融公庫:コロナ融資 9月末迄延長

最強の中小企業向け支援、日本政策金融公庫
融資申込を有利に進めるには正確な事業計画書作成!

日本政策金融公庫の「新型コロナウィルス感染症特別貸付(コロナ融資)」の期限が2022年9月末迄延長されています。

1. 新型コロナウィルス感染症特別貸付(中小企業事業)の概要

・対象:新型コロナウイルス感染症の影響を受け、次のいずれにも当てはまる方
・最近1ヵ月間の売上高または過去6ヵ月(最近1ヵ月を含む。)の平均売上高が前4年のいずれかの年の同期に比し5%以上減少していることまたはこれと同様の状況にあること(注1)
・中長期的にみて、業況が回復し、かつ、発展することが見込まれること
・資金使途:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および長期運転資金
・融資限度額:直接貸付6億円
・利率(年):基準利率
ただし、3億円を限度として融資後3年目までは基準利率-0.9%(注2)、4年目以降は基準利率
※一部の対象者(売上高▲20%以上)については、基準利率-0.9%の部分に対して中小企業基盤整備機構から利子補給を受けることにより、当初3年間が実質無利子となる
・返済期間:20年以内(うち据置最長5年以内)
・担保等:無担保
・融資申込方法:直接貸付(日本政策金融公庫各支店)
(出典:日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付・中小企業事業」
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_t.html

2.日本政策金融公庫:借入のポイント

1) 無担保で借りられる
・今後は無保証の動きも
2) 銀行のプロパー融資よりも借りやすい
・審査のマニュアル化、公平・平等な審査
3) 金利が低い(当初3年間は実質無利子となる場合も)
・実質無利子の融資は他にはない
4) 日本政策金融公庫からの借入が実績となり信用が増す
・他の金融機関からの借入時にも有利
5) 日本政策金融公庫内依存融資の借換も可能(条件あり)
・より条件の良い融資に統合できる

3.まとめ

無担保、実質無利子(当初3年間)の融資は他にはほとんどありません。
コロナ禍、ウクライナ情勢等で業績が悪化している場合には、この日本政策金融公庫からの借入を是非活用することをおすすめします。

実際の審査においては、日本政策金融公庫の面談があります。
大事な質問の一つに事業見通しがありますが、ここで簡潔に明確に答えられるかどうかが大きなポイントになります。

会社の経営理念(ビジョン/ポリシー)・事業内容・事業方針及び経営戦略を明確にし、今後の事業推進計画・数値目標(売上、損益予想等)・各組織及び各個人のやるべきこと等を可視化し、事業の内容を正確にまとめ、納得性と信頼性のある事業計画書を作成することが重要です。
審査全般、特に面談時にたよりになるのはやはり事業計画書といえるでしょう。

(基本的な事業計画書作成のポイントについては、当ブログに関連記事がいろいろとありますので、そちらを参照してください。)

※「事業計画書」作成及び各種融資・補助金・助成金・支援金申請全般でお困りの場合は、「事業計画書」作成のプロであるバルクアップコンサルティングがお手伝いします。

関連記事一覧

検索

最新記事