Articles

わかりやすい事業計画書の書き方について

事業計画書は、事業の内容など事業を運営していくのか具体的な行動を内外に示す計画書です。
しかしどのように作成したら良いのか、わからない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

事業計画書を作成する目的は、資金を融資や出資してくれる金融機関や投資家に事業プランの説明することです。融資をする金融機関は提案した事業の収支が成立して貸したお金が返済されるのか事業計画書を基に判断していきます。

投資家の場合には将来的にその事業が成長をして投資家たちに見返りがあるのかを判断します。起業家自身もアイデアを整理することができるようになり、事業の目標や行動などの計画を明確にすることができるため、事業計画書はとても重要なものになります。

事業計画書の書き方のポイントは、わかりやすい形式にすることです。専門外の方が読んでも理解できるように、専門用語などは控えめにし、読み手が理解することができるよう簡潔にまとめる必要があります。専門用語を使用する際は注釈などを入れることでわかりやすくなります。

最初のページにあたるサマリーは、目次の役割もあるため読み手が1分程度で読み終えることができるように、箇条書きを用いて作成するとわかりやすいです。

事業内容は市場やターゲットを絞ってどのような商品やサービスを提供するのか、それにはどのような特徴などがあるのかといった事業の全体像を説明します。競合他社の商品やサービスを事前にリサーチしておくことが大切で、自社にしか提供することができないような強みやオリジナリティを伝える必要があります。

融資の担当者が重視するポイントは、売上・利益の実現可能性です。説得力がある根拠を説明することが必要となるため、データの分析や競合優位性などを調べて資料を作ることも大切です。統計データなどがある場合には表やグラフ化をすることでわかりやすい資料となります。どのように売上を上げていくのか、原価や費用はどのくらいかかるのかなども数値計画を立てる必要があります。また、数値計画を立てる際には、各商品や各サービス単位で別けて書くとわかりやすくなります。

関連記事一覧

検索

最新記事

月を選択