Articles

起業するには作成必須「事業計画書」

新しく会社を起業してビジネスを始めるときには、事業計画書を作成しなければいけません。

事業計画書は、金融機関などに提出し資金調達の可否を判断してもらうために必要です。そのためには事業コンセプトを他人にもわかりやすく説明し、ビジネスの具体的なビジョンを表現したもでなければいけません。

事業計画書を作成するときには、まず顧客ターゲットの選定から始めます。誰に何をどんな方法で販売するのかイメージしながら、ターゲットを決めていく必要があります。例えばネット通販で美容に良い食品を女性に売るという漠然としたターゲットでは、綿密な計画とはいえません。

同じ美容に良い食品をネット販売するにしても、顧客のペルソナを設定し30代のキャリア女性に美肌に効果的な食品を、自社サイトを制作し販売するといった細かい部分まで決めておく必要があります。

顧客のターゲットを決めたら、綿密な市場調査を行います。市場調査の方法にはインターネットやヒアリングなどの方法があり、さらに自分で足を運んで調べる実地調査まであり、徹底的に調べなければいけません。

また可能であれば、実際に競合することになる他社の商品を試したりサービスを受けるのもおすすめです。競合他社の商品やサービスを体験することで、自社商品の改善点が見つかったり販売方法を見直すきっかけになります。

綿密な調査が終了したら、その結果を分析し事業計画書を作成していきましょう。作成する際に重要となるのは、自社の商品が売れる理由を客観的に伝えることです。内容が楽観的すぎるものや願望が込められているものは、第三者が見たときに信頼性がありません。金融機関など第三者が見たときに納得し、これは売れると思わせなければ事業資金の融資を受けることもできないでしょう。従って、わかりやすくコンセプトを説明したり、顧客ターゲットを明確にしデータを基にした分析が必要になってきます。起業の運命を左右するほど影響力があるので、しっかりとした説明ができるようにしましょう。

起業をするときに必要になる事業計画書には、決まったフォーマットはありません。基本的には自由に書いて良いとされていますが、1から全て自分で作るのではなく、プロが作成したフォーマットを活用することがおすすめです。具体的な書き方やフォーマットがわからないなら、起業サポートの専門家からアドバイスをうけるのも良いでしょう。

起業・創業のための事業計画書はバルクアップコンサルティングがサポート致します

関連記事一覧

検索

最新記事

月を選択