Articles

事業承継における事業計画書の重要性

事業承継における事業計画書の存在は、誰もが想像する以上に重要性が高いといえます。

そもそもなぜ必要かといえば、経営者とその後継者の間で情報を共有したり、お互いの間の認識のズレを確認したり直せるなど、事業承継になくてはならない存在となるからです。

想像してみると分かりますが、事業計画書なしの承継はどう考えても非効率的ですし、認識のズレが発覚する度に直したり、すり合わせをしなくてはいけなくなります。同じ社内の人間であったり、普段から情報共有や共通の認識を確認する間柄なら別ですが、例えそれが親子であっても、口頭だけで正確に行うのは不可能です。また事業計画書を作成することで、当事者だけでなくその親族だったり、関係者の理解が得やすくなります。具体的には事業の今後について話をしたり説明する際に、説得力を持たせられることが大きいです。

勿論それだけではなく、事業承継税制という税制面のメリットが得られる可能性も無視できないです。

事業承継税制は、贈与税や相続税の負担を理由に事業承継に後ろ向きだった企業に対し、事業承継を促進したり後押しする制度です。税負担が抑えられる上に、適用期間が定められてることから、それを理由に事業承継を押し進められます。

当然ながら焦って承継を進めて事業計画に無理が生じては本末転倒なので、早めに検討してじっくり計画を立てることが大切です。

このように、事業計画書には承継をスムーズに実現したり、税制面のメリットがあることが分かります。
それから事業計画書を作成すると客観的に事業を把握できますし、今後どうしたいのかについても考えるヒントになります。

事業計画書の作成では後継者に関することも必然的に考えることになるので、計画を立てながら現状を把握したり、将来についてイメージすることができます。
つまり、事業計画書の重要性は言うまでもなく、これなしに事業承継を進めたり後継者にバトンタッチするのは避けるべきです。

事業計画書がなければ周りや関係者の納得を得るのも難しいので、スムーズな説明を実現したり説得力を持たせたいのであれば、迷うことなく作成すべきです。

関連記事一覧

検索

最新記事

月を選択