Articles

銀行融資における事業計画書の重要性

会社を経営している場合には、お金を借用する必要性も出てきます。

リスクはありますが、事業拡大する時においては重要な意思決定の1つと言えます。

このような場合には、銀行の融資制度を利用することが主流となります。銀行の融資制度の場合は、事業用のお金を貸してくれるため適切な借り方と言えるでしょう。また、金利を見てもそこまで高くは無いため返済をする時も大きな負担になりにくいといえます。加えて長期の融資も行っているため、数年単位で返済すれば良いことから適切と言えます。

この場合、事業計画書の作成が必要となります。

事業計画書とは、その会社の将来計画や未来予想図のようなものです。それ基づき、その会社は事業を進めて行きます。もちろん義務ではないため事業計画書通りに進める必要はありませんが、銀行などの第三者に見せるという観点では、しっかりと計画を達成するように事業を進めて行かなければなりません。

住宅ローン等の個人向け融資で銀行からお金を借りる場合は、その人の年収などを見ますが、創業時の会社の場合は過去の売上がありません。また、会社を立ち上げてから初めてお金を借り入れる場合は、今までの損益状況などを提示できるわけではありません。

そこで事業計画書を提出しこのような計画に基づいて会社を経営すると表現する必要が出てきます。スムースに審査に通ることもありますが、計画の内容に客観性がない場合や過度に高い目標である場合は銀行から様々な質問を受けることになり、結果として審査に通らない可能性もあります。

事業計画書の作成は相応の知識が必要であり、十分な時間を確保する必要があります。主体性を持って事業計画書を作成することは必須となりますが、プロの手を借りることも選択肢の一つです。

プロの手を借りることはコストがかかるものの、より説得力の高い事業計画書を短期間で作成可能となります。また、精度が高く、客観性のある事業計画を立てることで実際の経営に役立てることもできます。

事業計画書の作成は年間250社以上の作成実績のあるバルクアップコンサルティングにご相談ください!

関連記事一覧

検索

最新記事

月を選択