代表者紹介

代表取締役 佐藤宏樹公認会計士(日本/米国)

【略歴】
1984年1月、兵庫県神戸市生まれ。
兵庫県立長田高校、東京外国語大学卒、京都大学経営管理大学院在籍。
2007年4月、株式会社三菱東京UFJ銀行入行。法人部門所属。主に法人新規取引を担当。
2014年1月、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC、現PwCアドバイザリー合同会社)入社。事業再生部門所属。
2017年2月、バルクアップコンサルティング株式会社を設立。代表取締役に就任。

【自己紹介】
神戸生まれ神戸育ち。小学校高学年は父親の仕事の関係でイギリス・リーズ市で過ごす。小学校から大学までひたすらサッカーに明け暮れ、大学3年次は体育会サッカー部主将。ポジションはゴールキーパー。記憶に残っている有名な対戦相手はチョン・テセ選手(元北朝鮮代表・清水エスパルス所属、大学時対戦)
サッカー引退後、大学4年次にはベトナムへ留学。現地で何か自分にもできるビジネスはないかと探し回った結果、中古アンティークバイクの対欧米輸出ビジネスを立ち上げ、起業を経験。この時の資金繰り管理や為替管理の経験が後の銀行入行へとつながる。

2007年4月、株式会社三菱東京UFJ銀行入行。法人融資業務に携わる。主に法人新規取引開拓を担当。取扱業務は与信取引全般(コベナンツ付融資、シンジケーション、シップファイナンス、流動化を含む)、外為業務、国内決済取引、デリバティブ取引、海外支店を通した日系企業現地法人向け融資等、数多くの金融商品取引についての経験を積む。2010年度下期法人部門長(副頭取)個人表彰受賞。

2014年1月、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC、現PwCアドバイザリー合同会社)に入社。事業再生部門所属。コンサルタント/会計士として事業再生をはじめとして、M&A案件、市場調査などに関わる。主な参加プロジェクトは、大手家電メーカー事業計画の第三者検証・大手製紙メーカー主要工場の構造改革計画検証・大手金型メーカーのM&Aに係る財務デューデリジェンス・中堅不動産デベロッパー海外進出における初期的調査等。

2016年1月より独立。2017年2月バルクアップコンサルティング株式会社代表取締役。
「企業の『CHANGE』に特化」をコンセプトに、新規事業立上げ・海外進出・財務リストラ・事業買収/売却などの変革期にある企業向けに経営/財務コンサルティングサービスを提供。業種・規模・地域を一切問わず、個人事業主から中堅企業まで幅広く対応している。経営(ビジネス)・財務のどちらにも偏らない、経営と財務を両輪で捉えることができ、海外業務にも対応できる数少ないコンサルタントであると自負している。

コンサルティング業務の傍ら、同時期に民泊ビジネスにおいて新規事業を開始。東京及び大阪にて複数物件を運営。単に部屋を貸し出すのではなく、ゲストと積極的に交流するスタイルでゲストからの支持・高評価を獲得。民泊仲介サイト最大手のAIRBNB上では優良なホスト(運営者)のみに付与される「Super Host」の称号を与えられている。

共著書籍として、
「持続的成長のための経営・財務合体―これからの時代の経営の「あり方」―」東方通信社(ティ・エー・シー企画) (2014/7/22)

趣味は、スカイダイビングとウエイトトレーニング。
スカイダイビングはUSPA A-license(一人で飛べるライセンス)保有。長期休暇の機会を見つけては一人でカリフォルニアに飛びに行く。
ウエイトトレーニングでは自宅にジムを保有。2017年はベストボディージャパン(細マッチョのボディービル大会)出場を目指して日々精進中。

代表者及び著作紹介

  1. 代表取締役 佐藤宏樹

    hiroki.sato@bulkup.co.jp

  2. 共著書籍「持続的成長のための経営・財務合体」

    http://amzn.asia/9qlRp7g

PAGE TOP